ご挨拶

今、新技術創造に向けて、イノベーションの波の大きなうねりの中にあります。
製造業界もまた、企業間競争の激化、ユーザーニーズの多様化、労働環境の変化などに対応すべく、 さまざまな限りない変革が求められております。
高精度、高品質への対応や限りない追求こそ、私たちの使命であり、 ハイテクノロジー社会での優れたマン・マシン・システムの構築に他なりません。

意欲的な開発力と精緻な技術力、明晰な思考力こそが高度な品質力を備えた製品を生むことは言うまでもありません。
最新技術の導入と信頼される管理体制、確かな製品づくりに中央工機の全てのノウハウを結集し、 今後とも社会に貢献できる企業、安心できる企業をめざします。

会社概要

商号

有限会社中央工機

代表者

椹木 昇

住所

京都府京都市伏見区羽束師菱川町342-1

創立

2005年10月

資本金

300万円

従業員

22名

事業内容

(1)一般産業機械、設備機械の製作(加工~組立~調整)
(2)自動装置、検査装置の製作(加工~組立~調整)
(3)精密部品の加工
(4)産業機械、自動省力機の機械設計

アクセス

〒612-8487 京都府京都市伏見区羽束師菱川町342-1

TEL:  075-932-3511FAX:  075-932-3512

車でお越しの場合阪神高速8号京都線 都市高伏見を伏見出口方面へ。京都外環状線を進み油小路を直進し、下三栖(交差点) を右折して 京都外環状線 に入り、約2.8km先を左折した前方左側。

電車でお越しの場合・地下鉄烏丸線または近鉄京都線「竹田」駅からバスで17分。「菱川」下車。
・JR京都線「長岡京」駅からバスで15分。「菱川」下車。

会社沿革

2005年10月
資本金300万円で京都市南区にて有限会社中央工機を設立
2006年4月

機械加工工場を併設
設計から加工・組立・据付まで一貫したサービスの開始
2007年3月
マシニングセンタ2台導入
2008年4月
三次元測定機1台導入
2008年9月

CNC旋盤1台導入
精密成形研削盤1台導入
2009年8月
NCフライス1台導入
2010年3月
マシニングセンタ1台導入
2013年7月
三次元測定機1台導入
2014年4月
NC旋盤1台導入
2015年4月
精密平面研削盤1台導入
2016年5月
大型機械組立を可能にするため、本社工場を京都市伏見区に移転
2016年10月
生産管理システム導入